更年期障害 サプリメント ランキング

更年期障害サプリメントランキング

更年期障害で悩んでいる方のために、サプリメントランキングを紹介します。
このサイトの運営者は、現在42歳、子どもが1人、共働きをしています。
42歳になってから急に動悸息切れがひどくなり、パニック障害も出て「死ぬんじゃないか・・・」と思うほどの症状でした。
色々と試すうちに、効果を実感できる商品が見つかったため、同じように悩む方に商品を紹介したいと思います。


更年期障害サプリメントランキングで気を付けたいこと

商品を選ぶポイントは、効くこと
動悸息切れで死ぬんじゃないかと思うほど症状がひどい人は、何よりも効くことが第一です。
更年期障害はエストロゲンの減少によって自律神経失調症になっている状態のため、とにかくエストロゲン様物質を補うしか対策方法はありません。

 

エストロゲンを補うイソフラボン

大豆イソフラボンが更年期対策に使われるのは、エストロゲン受容体と結びつくことができるからです。
天然のエストロゲンが働くためにも、エストロゲン受容体と結びつく必要があります。
エストロゲンとイソフラボンは化学構造がよく似ていて、体内に入ると間違ってエストロゲン受容体とくっつきます。
だからこそ、イソフラボンは植物性エストロゲンといわれているのです。

 

エクオール産生がカギ

大豆イソフラボンを摂取しても、イソフラボンをエクオールに代謝できなければ、エストロゲン様物質として働くことは難しくなります。
イソフラボンのダイゼインは、腸内細菌で分解されエクオールを産生します。
この仕組みは人の腸内細菌の種類によって異なり、イソフラボンを摂取してもほとんど吸収できず、60〜80%を無駄にしている人がいることがわかりました

 

エクオールの産生ができる人の割合は、日本人で5割です。
イソフラボンのダイゼインやゲニステインより、エクオールのほうがエストロゲン様作用は高いため、エクオールを生成できる人のほうが、イソフラボンで更年期障害が改善しやすいと感じられます。
つまりエクオールをつくる菌を持っていなければなりません。

 

イソフラボンは効くのか?

イタリアで1日150mgのイソフラボンを、5年間飲んでもらった調査があります。
イソフラボンを飲んだ人200人、プラセボの人が200人で比較してもらいました。
子宮内膜を採取し顕微鏡で調べたところ、子宮内膜の萎縮があった人は、プラセボで4割、イソフラボンを飲んだ人は3割という結果です。
イソフラボンはエストロゲン様物質として働いたといえるのではないでしょうか。

更年期障害サプリメントランキング1位は?

様々な更年期障害対策のサプリメントが売られていますが、やはりエストロゲンを補う働きが期待できる、大豆イソフラボンがナンバー1です。
大豆イソフラボンそのものでは吸収率が下がるため、アグリコン型イソフラボンや、エクオール産生を促す成分である必要があります。

 

イソラコンの特徴

アグリコン型イソフラボン配合で、高吸収タイプのサプリメントです。
・アグリコン型への製造方法は特許を取得
・初回限定でお買い得価格
・定期購入制度でお得に買える
・大豆由来の成分のため安心して飲める

価格 6,156(税込)円
評価 評価5
備考 定期購入で初回3,650円(税込)
イソラコンの総評

定価が6,156円と少々お値段は高いのですが、定期購入を選択することで初回は3,650円で試すことができます。
次回からも5,130円となるため、費用の負担が少ないのが魅力です。
何よりも吸収率を高めたアグリコン型イソフラボンが配合されており、製法には特許を取得しているため、この商品でしか実感できないものがあります。

ノムダスの特徴

体内でエクオールを産生しやすくするサプリメントです。
・お客様満足度95.9%を達成
・エクオール、和漢成分、乳酸菌を配合
・初回モニター価格となり1,260円
・定期購入は回数制限がありません

価格 6,980(税込)円
評価 評価5
備考 定期購入で初回1,260円(税込)
ノムダスの総評

エクオールを含むサプリではなく、エクオール酸性菌を配合しています。
赤ちゃんから発見されたエクオール酸性菌を配合し、体内でエクオール生成をサポートする商品です。
今までエクオールを産生できなかった方も、大豆イソフラボンの効果が実感しやすくなるでしょう。
エクオールはエストロゲン受容体と結びつき、エストロゲン様作用をもたらす物質です。

母の滴プラセンタEXの特徴

更年期療法として使われているプラセンタを、サプリで摂取できます。
・1か月4,500円とリーズナブル
・混ぜ物一切なしの高濃度プラセンタ
・美容成分で薄めていない
・プラセンタのみの成分を摂取できる

価格 4,500(税抜)円
評価 評価4.5
備考 3袋で小袋プレゼント
母の滴プラセンタEXの総評

プラセンタ注射は更年期障害の治療として認可されています。
しかし、毎回注射を打たなければならず、病院に通うのも大変な作業です。
プラセンタサプリなら、痛みがなく、自宅で飲むだけなので手軽です。
数多くあるプラセンタサプリのなかでも、混ぜ物が一切ないから、プラセンタ療法の代わりとしておススメできます。

発酵プラセンタ サプリメントの特徴

プラセンタを発酵させることで、有効成分の吸収をアップした商品です。
・初回限定1,980円で試すことができる
・定期購入の縛りがなくいつでも止められる
・余計なものが含まれない商品
・馬プラセンタで安心して飲める

価格 5,980(税込)円
評価 評価4
備考 定期購入で初回1,980円(税込)
発酵プラセンタ サプリメントの総評

プラセンタ以外の混ぜ物を含まず、馬プラセンタを使った高品質の商品です。
「更年期にプラセンタはどうなの?」という人が、気軽にお試ししやすい価格設計となっています。
プラセンタを発酵させて吸収率をアップしているから、効果も実感しやすいといえるでしょう。

■イソフラボンVSプラセンタ

更年期サプリメント

大豆イソフラボンで直接エストロゲン様作用を得るのか、それとも治療にも使われているプラセンタを使うのか、どちらがいいか迷う方も多いでしょう。
それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

イソフラボン

年齢とともに卵巣機能が衰えて、卵巣からエストロゲンを分泌できなくなります。
これは誰でも訪れることで、止めることはできないのです。
しかし、更年期障害が強く出る人もいれば、そうでもない人もいる。
その違いとは、植物性エストロゲンをどれだけ摂取しているかの違いなのです。

 

更年期障害とはもともとアメリカなどの先進国でみられる不定愁訴です。
日本人の女性は、アメリカと比べて更年期障害の数が少なく、発症しても遅い年齢で悩んでいる人が多いことが知られています。
あわせて、乳がんの発症率も日本人は低く、その要因となっていると考えられているのが、大豆イソフラボンの存在です。

・アメリカ人女性の乳がん発症率は、日本人女性の約4倍
・日本人の骨粗しょう症発症割合は、アメリカ人の約50%

このような数値から見てもわかるように、大豆食品の摂取量と更年期障害、乳がん、骨粗しょう症に関係しているといえます。

 

イソフラボンとは?

イソフラボンとはフラボノイドの一種で、ポリフェノールのことです。
構造がエストロゲンに似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれます。
大豆イソフラボンのエストロゲン様作用は、天然エストロゲンと比較して、1000分の1ともいわれており、ごく弱いものです。
強いエストロゲン様作用はなく、体内のエストロゲンが過剰になり過ぎることはなく、安全に使える成分として有名です。

 

日本人が摂取するイソフラボン

40〜50mg程度のイソフラボンを摂取しているといわれていますが、若い人などにみられる和食離れにより、欧米人なみの摂取量に下がってきています。
納豆1パックで70mg、豆乳200CCで70mg、豆腐班長で75mgのイソフラボンが摂取可能です。

 

しかし、イソフラボンは吸収率の低いポリフェノールで、個人によって取り込める量が異なります。
その違いは腸内細菌の種類で、特定の腸内細菌を持つ人でないと、体外に排出される割合が多いのです。
特定の腸内細菌を持つ方は、日本人で約50%ですが、近年はもっと減っていて30%というデータもあります。
排出する割合が多い人は、60%ものイソフラボンを無駄にしているのです。

 

イソフラボンが効かない理由とは?

健康食品として売られているイソフラボンサプリを飲んでも、効く人と効かない人がいます。
その違いは、先ほども説明したとおり、特定の腸内細菌を持っていないからです。
そのような方は配糖体として存在するイソフラボンから糖を外すことができません。
特定の腸内細菌を持つ方は、イソフラボンのひとつ「ダイゼイン」を腸内細菌で「エクオール」に変換できます。
実はエストロゲン様作用が高い物質とは、このエクオールなのです。

 

だからこそ、イソフラボンサプリは次のような成分を選ぶ必要があります。

・アグリコン型イソフラボン
・エクオール配合サプリ

 

イソフラボンの効果とは?

更年期障害の原因はエストロゲンの不足で、治療では「ホルモン補充療法」が用いられています。
これは人工的なエストロゲンを補う方法で、ホットフラッシュなど自律神経失調症に驚くほどの効果が出る治療です。
しかしホルモン剤には副作用も心配なため、使いたくないという人も多いでしょう。

 

植物性エストロゲンのイソフラボンなら、天然成分で副作用のリスクを心配しなくても済み、天然のエストロゲンと比べて1000分の1程度の作用のため、個人が使っても効きすぎて副作用が出る恐れがありません。
イソフラボンも同じくエストロゲン様作用を補う方法ですから、結合力は弱くても更年期障害の緩和に役立つ可能性を秘めています。

 

FDAの発表では大豆イソフラボンに副作用はなく、コレステロールや飽和脂肪酸を下げて、心臓病のリスクを軽減させるという結論にいたっています。
エストロゲンが増えると血栓症リスクが増加することから、産婦人科の医師も大豆サプリに注目しているのです。
アメリカで発売されている大豆サプリメントは、米国政府にも更年期障害の緩和成分とされています。
そしてアメリカ人女性も、ホルモン補充療法に変わる治療法として、大豆サプリメントを選び始めているようです。

 

イソフラボンの嬉しい点が、体内のエストロゲンが多すぎるときは抑制し、エストロゲンが少ないときは補う働きがあります。
エストロゲンが過剰になると細胞増殖作用によって、乳がん、子宮がん、子宮内膜症のリスクが増加するのです。
イソフラボンが乳がん対策に使われるのは、こういった理由があるからといえるでしょう。

 

ホルモン補充療法では、エストロゲンを抑える作用はないため、ときに乳がん、子宮がんなどのリスクが発生し、血栓症の問題もあります。
イソフラボンでエストロゲン様作用をしっかり得るには、体内に吸収しやすい形であること、またはエクオールで取り込めることが重要です。

 

プラセンタ

更年期サプリメント
プラセンタ注射は医薬品として認可されており、更年期障害の治療で保険が使えます。
更年期障害の緩和で注目されるのが、プラセンタの成長因子です。
近年はプラセンタサプリの抽出技術が進化しており、成長因子を含むものも多いといわれています。

 

成長因子による効果は、ホルモンを調節する働きや、免疫力を高める働き、自律神経を調節する働き、新陳代謝や血流アップなどの効果があることが知られています。
肝臓の再生を促すことから、肝機能障害にもプラセンタは治療薬として認可されている成分です。
プラセンタにはホルモンを生成する材料が含まれているのが特徴です。

 

プラセンタの原料とは?

プラセンタは哺乳類の胎盤が原料です。
医薬品はヒト由来の胎盤を使用しており、サプリメントでは馬や豚が多く使われています。
健康食品にヒト由来のものを使うことはできません。
植物プラセンタはアミノ酸やビタミンなどは含まれますが、成長因子はないため更年期障害の緩和効果は期待できないでしょう。
どちらかというと美容目的の成分です。

 

成長因子とは?

たった1つの受精卵が、10か月で3000gまで成長できるのは、胎盤に含まれる成長因子のおかげです。
成人が成長因子を利用すれば、ホルモンや自律神経に働きかけると考えられます。
閉経した女性にプラセンタを利用したところ、生理が復活したという実例もあるようです。

 

プラセンタの摂取量とは

更年期障害の緩和で使う場合は、プラセンタエキス末を250〜400mg摂取する必要があります。
母の滴プラセンタEXは、高品質のプラセンタを400mg摂取できる商品です。

 

プラセンタはどのくらいで効果が出る?

1週間〜10日くらいで変化が現れる人が多いようです。
最初に感じる変化は、「皮膚が乾燥しにくくなった」「朝の目覚めが良くなった」「生理痛が軽くなった」「イライラしにくくなった」などの感想でしょう。
プラセンタで更年期障害の緩和を期待するには、もう少しじっくりと取り組む必要があるでしょう。
プラセンタサプリは医薬品ではありませんから、注射と比べて即効性はないといえます。

 

■更年期サプリの副作用とは?

イソフラボンやプラセンタは食品の扱いのため、医薬品のような副作用はないといえます。
市販薬でも生薬を配合した漢方薬系では、下痢をするという副作用が出る人もいるようです。
漢方薬に副作用がないと感じるのは誤解で、植物にも毒があるように、間違った服用方法では副作用が出ます。
また、漢方薬は証(体質)にあったものを処方しないと、逆効果にもなりえるのです。
下痢がある人に便秘薬を出しても効果がないように、漢方薬は体質に合わないものでは効果が出ません。

 

■更年期障害になる理由とは?

更年期サプリメント
それはエストロゲンの減少と脳との関係があるからです。
更年期になると誰でも卵巣機能が低下します。
すると卵巣からエストロゲンが分泌しにくくなり、ホルモン調整の司令塔である「視床下部」は過剰に指令を送り出すのです。
視床下部は脳下垂体へ指令を送り、脳下垂体は卵巣に過剰な「卵胞刺激ホルモン」や「黄体化ホルモン」を分泌させます。

 

視床下部の近くには血管運動神経がありますから、体温や発汗、血圧を調節する神経が狂ってしまいます。
これが更年期障害で自律神経失調症になる理由です。
最初は卵巣もがんばってエストロゲンを分泌しますが、ときどき分泌できないときもあり、更年期の女性のエストロゲンは上がったり下がったりします。
このゆらぎに体がまだ対応できず、長い人で10年間不定愁訴に悩まされるのです。

 

副腎からエストロゲンが生成できる

人によって更年期障害がひどくない場合もあるのは、閉経しても副腎からエストロゲンを生成できるからです。
副腎からのエストロゲンはごくわずかで、生理をおこすほどではないのですが、更年期障害を緩和する程度の量はあります。
ストレスが多いと副腎でストレスホルモンを優先しなければならず、結果的に男性よりエストロゲンの量が少なくなるのです。

 

更年期のうつについて

更年期障害では精神的な不安定な症状もよくあります。
それはエストロゲンとセロトニンの分泌に関係があるためです。
セロトニンは精神を安定させるための脳内物質で、うつ病の患者さんも減少しています。
イライラしやすい、不安感が強い、やる気が出ない、このような気持ちの変化は、すべてエストロゲン減少の影響です。

 

プレ更年期

更年期障害は40〜50代だけでなく、20〜30代の若い世代でもおきています。
このことを「プレ更年期」といいます。
実は最近の女性では、若いのにすでに無排卵の生理となっている人が増えているのです。
女性が社会進出するようになり、ストレスを多く抱えることでホルモンバランスが乱れています。
食生活の欧米化でイソフラボンが摂取できていないのも原因となるでしょう。
若い女性のダイエットのしすぎ、痩せすぎも問題です。
エストロゲン生成には脂肪も適度に必要となるため、注意しましょう。

 

更年期で増える病気

更年期の40〜50代では、同時に乳がんの発症率が高まります。
この年齢では排卵がほとんどなくなり、無排卵の生理がくるようになるでしょう。
排卵がないということは黄体がつくられず、黄体がなければプロゲステロンが分泌できません。
細胞を増殖させる作用があるのはエストロゲンですから、エストロゲンに対しプロゲステロンの割合が少なくなると、バランスを崩します。
女性ホルモンはエストロゲン、プロゲステロンの両方があって、はじめて体を正常に保つのです。
エストロゲンが過剰になっている状態は、細胞が増殖しやすく乳がんになるリスクがあります。

 

イソフラボンではエストロゲン様作用と、それを抑える作用も得られるため、体内のエストロゲンが過剰になり過ぎる心配がありません。


更年期障害サプリメントランキング1位は「イソラコン」

更年期サプリメント

更年期障害の対策をするには、エストロゲンを補うしかありません。
エストロゲンを吸収しやすい形にしたのが、イソラコンのサプリです。
麹菌を用いてアグリコン型イソフラボンにする製造法は、特許を取得しているため、ほかでは真似できない商品だといえます。
通常の大豆イソフラボンでは効果は半減してしまうため、吸収率の高いイソフラボンがおススメです。

 

更年期サプリメント